末広開発株式会社

会社案内

高岡TMO事業 ― 町衆サロン

TMOとは?

TMOは、Town Management Organizationの略で、簡単に言うと「まちづくり機関」になります。

平成10年7月に制定された「中心市街地活性化法」により、活力の低下してきている中心市街地の活性化を図ることを目的とし、高岡市では平成12年8月に高岡商工会議所がTMOの認定を受けました。


TMOの歩み

平成10年3月 商業者、行政、市民、学識経験者、専門家による「中心市街地活性化協議会」を立ち上げ、まちづくり3法の研究、TMO構想策定に向けてのコンセンサス形成
平成10年6月 「中心市街地における市街地の整備改善及び商業等の活性化の一体的推進に関する法律」公布
平成11年6月 「高岡市中心市街地活性化基本計画」策定着手
平成11年10月 「高岡市中小小売商業高度化事業構想(TMO構想)策定着手
平成12年6月 「高岡市中心市街地活性化基本計画」を経済産業省へ提出
平成12年8月 高岡商工会議所が「TMO構想」を高岡市に提出し、認定される。〔認定構想推進事業者(TMO)=高岡商工会議所〕
平成13年4月 中心市街地活性化推進室を再開発ビル「エルパセオ」に設置
平成17年4月 TMOを商工会議所から第3セクター会社の末広開発(株)に変更

TMOの目標

中心商業地の賑わいの創出回遊性の向上により、活気と潤いにあふれた中心市街地を形成する。


新TMOの基本理念

平成17年4月より新TMOとなった弊社の今年度活動方針の基本理念は、「笑顔あふれる元気な『まちなか』の創出」です。

具体的には、
 1.住む人・来る人『まちなか』ファンづくり。
 2.楽しく夢のある『まちなか』商店街(店)づくり。
 3.おしゃれで安らぎある『まちなか』暮らしづくり。
人づくり、店づくり、暮らしづくりの3つの視点について、中心市街地活性化のための具現化策を実施します。


主なTMO事業について

今年度重点TMO事業 継続TMO事業
  1. 市民参加による「まちづくり市民会議」の開催
  2. 明日のまちなかを語る「まちづくりフォーラム」の開催
  3. 新「高岡総合情報発信サイト」の立上げと情報発信
  4. まちなか観光拠点をつなぐ「まちの駅」の設置拡大
  5. 空き店舗調査と「空き店舗情報」の発信と相談
  6. モノづくりの街をPRできる「まちなかギャラリー」の開催
  7. 「お買物共通乗車券」のPR強化と拡販
    「御旅屋地区中心市街地活性化施設」の対応
  1. たかおか朝市の拡充とフリーマーケット等への支援
  2. 中心商店街のラジオ広告情報発信
  3. 高岡大仏ごりやくの日の充実とPR強化
  4. 山町筋土蔵造りフェスタの充実とPR強化
  5. 金屋町さまのこフェスタへの支援高岡観光土産品の開発
  6. クラフト工房「手わざ」への支援
  7. 獅子舞大競演会の充実とPR強化
  8. まちかどライブの充実と強化
  9. 高齢者サロン「坂下小路(こうじ)」の機能強化
実施済みTMO事業
(ソフト) (ハード)
  • バーチャル商店街の構築
  • コミュニティーバスの運行
  • 共通駐車券サービスの拡大
  • 共通乗車券サービスの開始
  • 空き店舗情報の発信
  • 新商品開発(高岡観光ネクタイ)
  • 駅前再開発事業における商業業務施設の整備
  • まちの駅の建設
  • 観光駐車場の整備土蔵資料館の整備
  • チャレンジショップの整備

TMO事業推進体制